できること

私たちに何ができる?

選挙は投票だけじゃもったいない。「これは」と思う候補を勝手に応援する勝手連をつくる、候補者の選対に連絡して電話かけなどを手伝う、あるいはネットで自宅から空いた時間に応援するなど、いろんな関わり方ができます。公示前は「事前運動」できないなど、時期によってできることが違うことを頭に入れて、ちょっとデモクラシーしてみませんか?

 

<やりかた>

(1)応援する候補を決める

このサイトや他の情報源を見て、応援する候補を決めてください。

 

(2)リアル応援コース:思いがけない出会いがあるかも!?

a)選挙区に知り合いや親戚がいるなら、電話やSNS(フェイスブックやミクシー、LINEなど。電子メールはダメ)で、この選挙の大事さや候補者の魅力を伝え、投票を呼びかけましょう。とくに直接会って話したり、電話で話すほうが気持ちや細かいニュアンスが伝わり効果的です。

b)とくに市民派候補や小政党の候補は、ボランティアの力が命運を決します。もしあなたが候補者の選挙区または近くに住んでいるなら、候補者の公式サイトから選対事務所に連絡をとり、電話かけや街宣などのボランティアをしたり、寄付をするなど、オーソドックスな選挙運動に首をつっこんでみましょう。選挙の裏側を垣間見ることができ、楽しい経験ができるはず。

(3) ネット選挙コース:おうちでも空いた時間にラクラク!

a) 入門編:SNSで候補者情報を広める

netsenkyo

本人ツイッターをフォロー。FaceBookで候補者名を検索し、FBアカウントやFBページがあれば、フォローしたり「いいね!」して候補者の動向をチェック。FBに支援者グループがあれば参加して情報交換しましょう。

街頭演説の予定、候補者のグッとくる発言、候補者サイトの政策ページなど、自分のコメントを一言つけてリツイート・シェア。普段政治の話をしない友達が見ることも想定して、つたなくても自分の言葉で。「政治のことは話題にしにくいけど思い切ってシェアします。よかったら考えてみてもらえると嬉しいです」などと、押し付けがましくない、読む人の気持ちも考えたコメントを添えれば、受け入れられ方がかなり違ってきます。

b) 初級編:バナーを広める

Bf3DDxGCIAA1kFo

バナーの例

応援が盛り上がってる候補だと、「バナー」を作ってFBやツイッターで拡散してる人がいたりします。バナーとは、候補者の印象的な写真に短い文言をつけた画像のこと。google画像検索やツイッターで候補者名で検索したり、FBの支援者グループで拾ったりして「バナー」を見つけ、拡散します。候補者サイトなど、アピールできそうなコンテンツへのリンクを貼って拡散するのも効果的です。結論を押しつけるのでなく、「こんな視点もあるけれど」「こんなデータが」と、できれば読む人に判断材料を提供するような感じのコメントを添えて。

ネット選挙では動画の拡散も効果的です。youtubeで候補者名で検索し、短くて(できれば3分以内)アピールできるスピーチ動画などあればSNSで拡散します。
選挙期間中になると、ツイキャスというスマホのライブ中継アプリで候補者の街宣の様子などを流している人がいる場合もあります。パソコンならツイキャスのサイトに行き、スマホなら「Twitcasting Vewer」というアプリをインストールして、候補者名検索。もし生中継が行われていたら、コメントをつけてSNSで拡散します。街宣を見られない人に、候補者の肉声に触れてもらえます。

c) 中級編:自分でバナーを作ってみる

候補者の写真を公式サイトなどでもらい、パワポやKeynoteなどで気の利いた短いコピーを載せて自作バナーを作成。自分なりのコメントをつけて拡散します。公式サイトの写真を使わせてもらう場合は使用許諾も兼ねて公式サイト担当者に伝え、公式ツイッターなどでも拡散してもらうとベストです。たとえば2014年の都知事選ではこんなにたくさんのユニークなバナーが出回りました

d) 上級編:自分で動画を配信する

netsenkyogirlツイキャス生中継:スマホを持っている人は「Twitcasting Live」というアプリをインストール。ツイッターアカウントでログインし、街頭演説の様子などを生中継してみましょう。
詳しくは、こちらの動画で解説しています。

twitcastのコピー

 

fukidashi

←この、鳥の吹き出しマーク(画面中左)をクリックするとタイトルを入れられるので、選挙名+候補者名など入力(画面では「衆院選 テスト配信」となっています)。候補者名を入れておけば、検索にも引っかかります。

左下の「ライブ」を押せば中継開始。中継は30分までで、切れたらこりずに再開。(視聴者からの「コイン」がたまれば中断せず続けられます)

マイクに話したり、あるいは画面下中央の「投稿」で文章をつぶやいたりすることもできます。つぶやきをすれば、自分のツイッターのフォロワーに中継してることを知らせられます。フェイスブックやLINEなどでもURLを告知しましょう。(URLはhttp://twitcasting.tv/ツイッターユーザー名)

ツイキャスではスピーチの内容など実況すると、見ている人とのやりとりも生まれたりして面白いもの。顔出しに抵抗のない方は、自分のキャラを前面に出すとフォロワーが増えます。やってみれば簡単です。候補者の肉声を一人でも多くの人に伝えるためにチャレンジしてみてください。

YouTube動画配信:映像作成をしたことのある人なら、候補者の人柄や政策をアピールするCMをつくったり、スピーチを短く編集して見出しテロップを入れるなどしてYouTubeにアップし拡散しましょう。都知事選の宇都宮陣営では、いろんな人が思い思いにこんなにたくさんの動画をつくりました。長くてダラダラした動画は誰も見ません。せめて3分以内にし、テロップなどでわかりやすく印象づけることが大切です。

[ネット選挙運動の注意点] ※告示日(国政選挙は公示日)前は選挙運動はできません。選挙運動とは、特定の候補(予定)者や政党への投票を呼びかけること。「こんな動画がありました。なかなかよかったです」なら選挙運動になりませんが、「◯◯さんが今度の市議選に立候補しますのでよろしくお願いします」は告示日前だとアウトです。

※SNSでの選挙運動は認められていますが、 特定候補・政党への投票呼びかけを電子メールで行うのは禁止されています(メーリングリストで流すのもダメ)。

 

注意:これらの選挙運動は、投票日前日の深夜12時までしかできません。投票日になってできるのは「投票に行こう」という呼びかけバナーの拡散くらいです。

ちなみに公選法には選挙運動についてさまざまな細かい規定がありますが、ネット選挙についてはかなりゆるくなっています。

ポイントは、

・公示日後は、チラシなど配布物・掲示物には厳しい制限が課せられますが、ネットではかなり自由。ホームページやSNS、ブログなどで投票の呼びかけができます。ただし連絡先を表示すること。

・メールでの選挙運動は禁止。LINEやツイッター、フェイスブックなどのSNSは、会員制で不特定多数向けではないと解釈されるのでOKです。

詳しくは、こちらこちらを参照のこと。

公開日:
最終更新日:2016/12/16